<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

千葉県いすみ市の地域資源

先日、講演会でいすみ市へ。
いすみ市といえば、思い浮かぶイメージは海、波乗り、サーファー。
一言で言えば、アクティブな海のイメージ。

しかし「海」だけに頼りきりでは、真冬、荒天時には人を呼ぶことができなくなります。
実際、いすみ市に行ってわかったことは、いすみ市は海以外にも、ポテンシャルを秘めた地域資源があるということでした。

いすみ市のJR大原駅界隈は、年代物の古民家や、ビンテージの洋館が多数あります。
そしてこれが手つかずのまま。
所有されている方はいらっしゃるのでしょうが、この家々を使わない手はないでしょう。
大原駅周辺のa0299091_92545.jpg古民家は立派な地域資源
a0299091_931854.jpg
a0299091_933757.jpg
です

古民家は改築して、イタリアンやフレンチなどのレストランへ。
素敵な洋館は、カフェにリノベーション、などできたら素晴らしいな。

街の来訪理由がマリンスポーツに頼りきりでは、収支は不安定になってしまうもの。
古民家の活用の場合にも、観光客だけでなく、できれば来客の50%以上は地元の人で構成したいもの。
観光市場などでも、地元比率が50%を超える街の方が、収支は健全です。

なので地元の主婦を中心に来店してもらえるような、カフェ、レストランを増やしていけるといいなあ、と思っています。

なんといってもこれらの古民家やビンテージハウスが、八幡神社を中心に徒歩5分圏内に密集しているのが魅力です。

これらの家々を結ぶ路地が、趣があってまたいい味を醸し出しています。
路地には昔ながらの郵便ポストがあったり、農家さんの家や納屋があったりと、大都市生活者にとっては非日常の懐かしさが溢れている。
この路地の界隈に住んでいる方々にご協力いただいて、観光客が歩いて楽しいガーデニングをしていただけたら、駅界隈が楽しい散策コースへと生まれ変わります。
そう、長野県の小布施のように。

そんなことを思いながら、いすみ市の街を散策し、その後セミナーへと向かいました。
[PR]

by knowhowbank01 | 2012-10-28 09:08  

持続可能な次世代型 Life Stile  002

(エコツアーの続き)

酸素循環農法について話を聞きました。

「草を刈り取るのが、今の農業の主流ですが、酸素循環農法では、草を刈りません。
 畑を見てください。
 草が生えているでしょう」

お話いただいたポイントをまとめると、以下のとおり。

・種まきの時には、種をまく場所の草は刈る。
 (あくまでも抜くのではなく、刈る)
・刈った草は、種を蒔いた場所の脇に置いておく。
 (種を蒔いた場所だけが日光が当たり、草を置いた土には日光が当たらなくなる)
・草や作物が育つには、日光は不可欠。
 なので、作物の種には日光が当たり育つ。
 草を置いた場所には、日光が当たらず、雑草は伸びない。
・こうすることで、無農薬有機農業を実践しても、雑草取りの手間がかからなくなる
・とくに気を使うのは種を撒く時だけ。後はあまり気を使わなくてもいい。
・春の雑草を頑張って抜くと、土に日光が当たって、夏草が育つ。
 夏草は根も強く、雑草取りは厄介。
 春草を抜かないで、刈る。
 刈って、雑草を伸ばしたくない場所に置いておけば、それだけで夏草は育たない。

固定観念が取り払われるー!
脳みそに新鮮んんんー!
(続く)
a0299091_056323.jpg

[PR]

by knowhowbank01 | 2012-10-18 00:55  

持続可能な次世代型 Life Stile  001

AM7:00。
エコツアーに参加し、持続可能な生活スタイルについてレクチャーを受ける。

「この建物の屋根には草が生えているでしょ。
 草は断熱してくれるんです。
 自然の断熱材です。」

「童話3匹の子豚で、一番弱いとされている家は、ワラの家でしょ。
 実はこの家の壁はワラで出来ています。
 でも弱くない。
 ワラと漆喰を混ぜると強くなるんです。
 わらだけでは弱い。
 泥だけでも弱い。
 しかし、弱いものと弱いものが一緒になると、強くなる。
 こんなあり方が、これからの世の中には、大切になるんでしょうね。」

(続く・・・)


株式会社ノウハウバンク:
a0299091_172818.jpg
http;//www.knowhowbank.net
[PR]

by knowhowbank01 | 2012-10-16 17:28  

6次産業化先進事例集【100事例】(平成23年4月)

先進事例012
古くから飼養されていた「川俣シャモ」 のブランド化
株式会社 川俣町農業振興公社(福島県川俣町)
○取組の概要
■古くから地元で飼養される「シャモ」に着眼したくん製品などの商品開発と加工・販売
■関係者が一体となった「川俣シャモ」のブランド化

【取り組むに至った経緯】
○葉たばこ・養蚕等の基幹作物による所得が低減していく中、古くから町内で飼われていた「シャモ」に着眼し新たな特産品づくりを関係者が一体となって推進
○昭和62年から川俣シャモを販売

【生じた課題への対応方法】
○商談会、展示会への出展、レストラン関係者との交流などによるPRと新規開拓
○一般小売用のほか、料理店、旅館等の業務用の新商品開発を推進

【取組の効果】
販売額 約1.5倍に増加(H16→H21)
雇用の拡大など地域活性化に貢献 21名(H16) → 28名(H21)
○県ブランド認証産品に選定され土産品、
○ギフト商品としての需要が拡大
川俣シャモ生産羽数 38,735羽(H16)→62,772羽(H21)
【取り組む際に生じた課題】
○販路の開拓
○新商品の開発

【活用した支援施策(補助事業等)】
○農商工連携支援事業(H22 農林水産省)
○強い農業づくり交付金(H18 農林水産省)
○ふくしまイレブン生産販売強化事業(H22 福島県)

【今後の展望】
○新規商品の開発
○販路のさらなる開拓(各種イベント等でのPR)

成功のポイント!!
○知名度向上を目指したPR活動の展開
町内で「川俣シャモ祭り」を開催し、焼き鳥の長さ日本一としてマスコミ等へアピールするなど、町内外への知名度向上に向けたPRを展開
○自社での商品開発・加工
自社による商品開発・加工に取り組むことにより、その蓄積されたノウハウを活かして、さらに新たな商品開発、販売促進の展開が可能
[PR]

by knowhowbank01 | 2012-10-01 08:12