千葉県いすみ市の地域資源

先日、講演会でいすみ市へ。
いすみ市といえば、思い浮かぶイメージは海、波乗り、サーファー。
一言で言えば、アクティブな海のイメージ。

しかし「海」だけに頼りきりでは、真冬、荒天時には人を呼ぶことができなくなります。
実際、いすみ市に行ってわかったことは、いすみ市は海以外にも、ポテンシャルを秘めた地域資源があるということでした。

いすみ市のJR大原駅界隈は、年代物の古民家や、ビンテージの洋館が多数あります。
そしてこれが手つかずのまま。
所有されている方はいらっしゃるのでしょうが、この家々を使わない手はないでしょう。
大原駅周辺のa0299091_92545.jpg古民家は立派な地域資源
a0299091_931854.jpg
a0299091_933757.jpg
です

古民家は改築して、イタリアンやフレンチなどのレストランへ。
素敵な洋館は、カフェにリノベーション、などできたら素晴らしいな。

街の来訪理由がマリンスポーツに頼りきりでは、収支は不安定になってしまうもの。
古民家の活用の場合にも、観光客だけでなく、できれば来客の50%以上は地元の人で構成したいもの。
観光市場などでも、地元比率が50%を超える街の方が、収支は健全です。

なので地元の主婦を中心に来店してもらえるような、カフェ、レストランを増やしていけるといいなあ、と思っています。

なんといってもこれらの古民家やビンテージハウスが、八幡神社を中心に徒歩5分圏内に密集しているのが魅力です。

これらの家々を結ぶ路地が、趣があってまたいい味を醸し出しています。
路地には昔ながらの郵便ポストがあったり、農家さんの家や納屋があったりと、大都市生活者にとっては非日常の懐かしさが溢れている。
この路地の界隈に住んでいる方々にご協力いただいて、観光客が歩いて楽しいガーデニングをしていただけたら、駅界隈が楽しい散策コースへと生まれ変わります。
そう、長野県の小布施のように。

そんなことを思いながら、いすみ市の街を散策し、その後セミナーへと向かいました。
[PR]

by knowhowbank01 | 2012-10-28 09:08  

持続可能な次世代型 Life ... >>