6次産業化先進事例集【100事例】(平成23年4月)

先進事例012
古くから飼養されていた「川俣シャモ」 のブランド化
株式会社 川俣町農業振興公社(福島県川俣町)
○取組の概要
■古くから地元で飼養される「シャモ」に着眼したくん製品などの商品開発と加工・販売
■関係者が一体となった「川俣シャモ」のブランド化

【取り組むに至った経緯】
○葉たばこ・養蚕等の基幹作物による所得が低減していく中、古くから町内で飼われていた「シャモ」に着眼し新たな特産品づくりを関係者が一体となって推進
○昭和62年から川俣シャモを販売

【生じた課題への対応方法】
○商談会、展示会への出展、レストラン関係者との交流などによるPRと新規開拓
○一般小売用のほか、料理店、旅館等の業務用の新商品開発を推進

【取組の効果】
販売額 約1.5倍に増加(H16→H21)
雇用の拡大など地域活性化に貢献 21名(H16) → 28名(H21)
○県ブランド認証産品に選定され土産品、
○ギフト商品としての需要が拡大
川俣シャモ生産羽数 38,735羽(H16)→62,772羽(H21)
【取り組む際に生じた課題】
○販路の開拓
○新商品の開発

【活用した支援施策(補助事業等)】
○農商工連携支援事業(H22 農林水産省)
○強い農業づくり交付金(H18 農林水産省)
○ふくしまイレブン生産販売強化事業(H22 福島県)

【今後の展望】
○新規商品の開発
○販路のさらなる開拓(各種イベント等でのPR)

成功のポイント!!
○知名度向上を目指したPR活動の展開
町内で「川俣シャモ祭り」を開催し、焼き鳥の長さ日本一としてマスコミ等へアピールするなど、町内外への知名度向上に向けたPRを展開
○自社での商品開発・加工
自社による商品開発・加工に取り組むことにより、その蓄積されたノウハウを活かして、さらに新たな商品開発、販売促進の展開が可能
[PR]

by knowhowbank01 | 2012-10-01 08:12  

<< 持続可能な次世代型 Life ... 6次産業化先進事例集【100事... >>