6次産業化先進事例集【100事例】(平成23年4月)

先進事例011
直売所が地元企業と連携して新商品・新メニューを開発
株式会社 ジェイエイあぐりすかがわ岩瀬(福島県須賀川市)
○取組の概要
■ 出荷者810名が多品目の産品(野菜、果物、花き、農産加工品等)を販売するほか、ブログ等で積極的に情報を発信
■ 地元加工業者等と提携し、地場農産物を活用した商品(米粉乾麺、お米ジャム等)を開発
■ 米粉製品(お菓子等)の試作や料理教室、オリジナル商品の開発等多彩な活動を展開
○ 生産者のプロ意識の高揚を図り、周年を通した多品目生産・出荷体制を確立
○ 地元企業(食品加工・製造業者、飲食店等)や商工会議所との協力・連携
○ 地場農産物の利用促進のための料理教室、試食会及びセミナーの開催
成功のポイント!!
【取り組むに至った経緯】
○ 平成11年に、JAがファーマーズ計画を策定。本計画の実現を図るため、15年に直売所「はたけんぼ」をオープン
【生じた課題への対応方法】
○ 直売に先駆的に取り組んでいた生産者や農産加工を手がける女性部を通し、全組合員に産直の必要性を説明
【取り組む際に生じた課題】
○ これまで、JAでは直売の経験がなかったため、産直の取組に対する組合員の理解が不足
【今後の展望】
○ 野菜等の料理方法を紹介するイベント等を開催し、直売所への来場者数の更なる増加を目指す
○ 農・商・工・観光・行政が連携し、多様で魅力ある地産地消の取組を通じた農業の振興と地域の活性化
【取組の効果】
購入者数 45万人(H16) → 63万人(H21)
販売額  7億円 (H16) → 12億円(H21)
[PR]

by knowhowbank01 | 2012-09-29 18:35  

<< 6次産業化先進事例集【100事... 6次産業化先進事例集【100事... >>